最新の新築一戸建て情報まとめ

新築一戸建て住宅の固定資産税

新築一戸建て住宅の固定資産税 新築一戸建ての固定資産税は、新築の次の年から課税が発生します。
毎年1月1日現在で課税されるためで、そのときの固定資産評価額に基づき計算が行われ、納税額が決まる仕組みです。
このとき固定資産の評価額は事前にその建築したところの市町村から評価担当者が確認に訪れます。
ただし新築物件が大きな物件などで市町村で対応が難しい場合には、都道府県の不動産評価担当者が代わりに行うこともあり、このときには事前に連絡が入り調整の上で行われるようになります。
固定資産評価額が決まらないと新築一戸建ての固定資産税の課税は出来ません。
そのため必ず市町村役場の担当者が評価に訪れます。
事前に図面などによりチェックを行ってから来ますので、ある程度は確認で済む流れです。
それほど時間がかかるものではなく、その確認後に定められたタイミングで納税通知書が送られてくる仕組みです。
なおこの税金の課税額すなわち評価額などに納得がいかない場合には、不服審査請求による見直しを求める対応も出来ます。

新築一戸建てを購入する際の支出にはどんなものがある?

新築一戸建てを購入する際の支出にはどんなものがある? 新築一戸建てを購入する際、大きなお金がかかりますが具体的にはどのような部分で支出が発生していくのでしょうか。
まず大多数を占めるのが建物代金です。
大きさや階層によって大きく金額は変わってきます。
そこに土地代金もかかってきます。
土地はすでに所有している場合でも、その場所に家を建てられるように整備するためのお金も必要です。
上水道や下水道などのパイプを引っ張って来たり、電線やガスを引いたりするのにももちろん費用がかかります。
住宅ローンを組む場合には、その手数料もいるのです。
また地鎮祭などを行うためにも費用が必要です。
このように、建物代金だけでなく様々な諸経費が必要となってくるのです。
さらに家が建ったあとも引っ越し代や新しい家具代などもかかってくるので、多くの支出金が必要となります。
新築一戸建てを購入する場合、合計でかかる金額と、自分達で後から用意する金額も考えながらお金を用意するようにしましょう。