最新の新築一戸建て情報まとめ

購入時にもらえる補助金

購入時にもらえる補助金 新築一戸建てを住宅を買うときには、各種の補助金が支給されますのでまとめてみます。以下は、新築または住宅取得時に一定の要件を充足することで支給されるものです。
平成31年の事業で支給されるものは、次のようなものです。次世代住宅ポイント制度は、消費税率10%で、一定の省エネ性・耐震性満たす住宅に一戸あたり最大35万ポイントがもらえます。
住まい給付金は、消費増税による住宅新築一戸建て建設に支給されます。最大は50万円になります。
平成31地域型住宅グリーン化事業は、長期優良住や低炭素住宅を主に新築一戸建てで建設する場合に一戸あたり50万円から140万円がもらえます。またエネファームを住宅施設として設置する場合に定額を支援があります。ネットゼロエネルギーハウス取得の支援事業があります。優良住宅や省エネで新築一戸建てを建設することが条件です。
各市町村で住宅関連補助金制度があります。支援には期限付きのものが多く各住宅助成制度は各自治体で詳細を確認が必要です。特に地方では人口減少にともない助成を積極的に実施しています。

特別分譲住宅とは

特別分譲住宅とは 地方住宅供給公社という公企業では、一般的な民間企業の住宅メーカーなどとは違った形でそれぞれの都道府県の住民に住まいを提供しています。たとえば集合住宅を建てて分譲したり、新築一戸建て住宅を分譲したりする組織です。それも一般的な民間企業と同じように新しい土地を宅地として開発し、そこに集合住宅や新築一戸建て住宅を用意するのです。
しかし民間企業とはいくつか違っている点があって、特別分譲住宅というのもそのひとつです。つまり民間企業では売り出し価格は誰に販売するにしても同じに設定されていますが、公企業である地方住宅供給公社では収入の少ない人にも新築の住まいを購入するチャンスを設けているというわけです。そしてそれがいわゆる特別分譲住宅という名称をつけられているもので、一般分譲とは最初から違う線引きがされています。売出しの図面などを見ればわかりますが、一般とは色分けや文字などで違うことが表示されています。